<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

FACEBOOK

Mobile

qrcode

Links

Others

Recommend Links

<< ドッピーのひとり言 | TOP | ドッピーの辛食旅 >>

2020.03.24.Tue.14:36

『Thank You Memory-醸造から創造へ-』のお知らせ

【弘前れんが倉庫美術館へ集まれ!!】
いよいよ来月開館します弘前れんが倉庫美術館にて
-弘前れんが倉庫美術館 開館記念-
『Thank You Memory-醸造から創造へ-』

が開催されますよ〜(≧∇≦)/ ワーイナリ♪♪

-弘前れんが倉庫美術館 開館記念-
『Thank You Memory-醸造から創造へ-』

日時:令和2年4月11日(土)〜8月31日(月)
   9:00〜17:00(入館は16:30まで)
   ※4月28日(火)、8月4日(火)は開館
場所:青森県弘前市吉野町2-1
   青森県弘前市吉野町2-1
料金:一般 1,300円(1,200円)/高校生 1,000円(800円)
   ※()は20名以上の団体料金
   ※以下の方は無料
    高校生以下の方・弘前市内の留学生の方・満65歳以上
    の弘前市民の方・ひろさき多子家族応援パスポートを
    ご持参の方・障がいのある方と付添者1名
内容:Thank You Memory-醸造から創造へ-
   酒造工場時代の名残を感じさせる、煉瓦倉庫のダイナ
   ミックな建築空間を活かした展示を行います
   畠山直哉は建物の改修過程を記録した写真を館内各所に
   展示するほか、笹本晃は煉瓦倉庫の建具や資材を取り
   入れたインスタレーション作品を発表します
   アーティスト達は弘前を訪れ、地域や煉瓦倉庫を取材し
   この場所のために制作された「サイト・スペシフィック」
   な新作に挑みました
   タイ出身のナウィン・ラワンチャイクンは、30人以上の
   市民に対して重ねたインタビューをもとに大型絵画と
   映像作品を発表します
   また中国出身のイン・シウジェンは、市民から提供を
   受けた100着におよぶ古着を素材とした立体作品を制作
   します
   2006年、改修前の煉瓦倉庫で開催され、8万人近くの
   来場者を集めた「YOSHITOMO NARA+graf AtoZ」展
   その展覧会に関わった地域の人々のために弘前出身の
   アーティスト奈良美智が制作し、それ以来煉瓦倉庫の
   シンボルとして広く愛されてきた《AtoZ Memorial
   Dog》が、建物の改修を終えて約2年ぶりに再展示され
   ます
   煉瓦倉庫の歴史と向き合い、美術館の建築設計を担当
   した田根剛、ロゴデザインを手がけた服部一成と
   写真家の畠山直哉が協働で、煉瓦倉庫の歴史に関する
   ポスター作品を発表します
   また、会期中は展覧会関連イベントを予定しています
   ※詳細は決まり次第、美術館ホームページやSNS等で
    発表します
   アーティスト紹介
   [イン・シウジェン]
   弘前の市民から提供してもらった100着におよぶ古着
   をもとに、弘前の街をモチーフとした立体作品を発表
   します
   そのほか、古着を用いた過去の代表的なインスタレー
   ション作品を展示予定
   [ジャン=ミシェル・オトニエル]
   弘前の特産品である林檎にインスピレーションを受けた
   ガラスの彫刻作品とドローイングを展示予定
   直径2mにおよぶ大型の作品が、煉瓦づくりの空間を
   鮮やかに彩ります
   [笹本晃]
   煉瓦倉庫のダイナミックな建築空間に合わせて、旧倉庫
   に残された古い建具や資材を取り入れたインスタレー
   ション作品を制作します
   [奈良美智]
   「YOSHITOMO NARA+graf AtoZ」展(2006年)を
   サポートした地域のボランティアの方々への感謝の
   気持ちとして贈られた《AtoZ Memorial Dog》の
   再展示に加え、近年意欲的に取り組んでいる自身の
   ルーツを辿る旅先での出会いを収めた写真作品を
   展示します
   [畠山直哉]
   着工前から約2年をかけて撮影された、煉瓦倉庫の改修
   工事の過程を追った写真作品を展示します
   また、煉瓦倉庫の100年に及ぶ歴史を取材したポスター
   作品も新たに制作します
   [藤井光]
   煉瓦倉庫が美術館へと生まれ変わる改修工事の過程を
   記録した映像作品を発表します
   建物の過去と現在の空間が呼応する新作展示となります
   [ナウィン・ラワンチャイクン]
   30人以上の弘前市民へのインタビューをもとに制作
   された、全長約14mの大型絵画と映像作品を発表します
   弘前や煉瓦倉庫の歴史や文化を感じさせる新作となり
   ます
   [潘逸舟]
   高校卒業まで弘前で過ごした潘が、弘前で発表した最初
   の作品やその後の代表作を展示します
   あわせて、弘前で過ごした当時の記憶から生み出された
   新作の発表や、会期中のイベントも予定しています

『Thank You Memory-醸造から創造へ-』の詳細・お問い
合わせはコチラをドーゾ
   ↓
弘前れんが倉庫美術館
住所:青森県弘前市吉野町2-1
TEL:0172-32-8950
開館時間:9:00〜17:00
     但し、金・土曜日に限りスタジオ、ライブラリー
     のみ21:00まで開館
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日に振替)、年末年始
    但し、弘前さくらまつり及び弘前ねぷたまつりの
    期間中は全日開館
弘前れんが倉庫美術館 HP
弘前れんが倉庫美術館 twitter


上土手町『ドッピー君』 | イベント | comments(0) | -

2020.06.05.Fri.

スポンサーサイト


スポンサードリンク | - | - | -

コメント
コメントする